乾山絵変り豆皿
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

乾山絵変り豆皿

¥2,200 税込

送料についてはこちら

  • 夜の梅 (写真3枚目)

  • 月と薄(すすき)(写真4枚目)

  • 流水(写真5枚目)

  • 舟と波 (写真6枚目)

  • 八重葎(やえむぐら)(写真7枚目)

特徴のある渋めの生地に呉須、鉄、金彩で雅な琳派の文様を絵付けした京焼・清水焼の豆皿です。 江戸時代に活躍した陶工、尾形乾山(おがたけんざん)の「錆藍金絵絵替皿(さびあいきんええがわりざら」の写しのミニバージョンです。夜の梅、流水、月と薄(すすき)、舟と波、八重葎(やえむぐら)、の5種類の琳派文様から、お好きな絵柄をお選びください。 乾山の器は今でもプロの料理人さんをはじめファンが多く、見るものを飽きさせません。本品もミニサイズながら風情のある乾山の世界観はそのままです。 俊山窯ではこのほかにも多数乾山写しを制作しております。お気軽に店舗までお問合せ下さい。 器好きな方、琳派や乾山が好きな方へのギフトとしてもおすすめです。 サイズ 径 約5.5cm 高さ 約1.0cm 【取り扱いについて】 陶器は吸水性、通気性に富み、永く使って頂くほど味わいと風合いが出てきます。 お使いになられる前にぬるま湯に浸して、生地に水分を含ませてからご使用くださると、茶渋やシミが付きにくくなります。 食洗器は基本的に可能ですが、薄い小皿など中で動いてしまうものは、他の器とぶつかって欠けてしまう事がありますので、手洗いをおすすめします。 電子レンジは不可。(金は高温で黒くなるので、電子レンジは避けて下さい) 【作品について】 一つずつ手作りで制作しておりますので、同じシリーズの器でも個体差があります。手作りでの変化をご了承いただけたらと思います。